お知らせ・ブログ

せとっ子の会で講演させていただきました。

9月1日、四国こどもとおとなの医療センターで「内科医からみた小児1型糖尿病〜内科への移行に必要なこと〜」のタイトルで講演の機会をいただきました。1型の子供さんと保護者の方々にお話したのは、以下のような内容です。

⑴医療の進歩で1型でもHbA1c<7%は充分可能になった

⑵しかし1型特有の不安定な血糖へは対処が難しい

⑶内科への移行は絶対ではなく個別に考えれば良い

⑷自主性を持って病気に向き合うことが最も重要

新たに院長になられた横田先生ともお話ができ、有意義な時間でした。

BACK INDEX